予防接種よりも効果的?インフルエンザの感染対策ならラクトフェリン

高熱や強い倦怠感を生み出すインフルエンザ。感染を防ぐために予防接種を受けているものの、毎年多くの方がその症状に苦しんでいます。そんなインフルエンザを予防する効果が期待できるラクトフェリン。本当にインフルエンザを防げるのか、深層に迫ります。

 

ラクトフェリンとインフルエンザについて【目次】

 

インフルエンザの予防にラクトフェリンは有効か?

そもそもインフルエンザとはどんなウイルスか?

インフルエンザとはインフルエンザウイルスによって怒るウイルス性呼吸器感染症です。毎年ウイルスが変化するため、確実に感染を防止できる予防接種が無いことと、強い感染力が特徴のインフルエンザ。

 

A・B・C型のインフルエンザウイルスがあり、秋から冬にかけて流行します。小児や高齢者で重症化しやすく、学級閉鎖を引き起こす事も多々あります。

 

1日〜3日程度の潜伏期間を経て、数日間に渡り咳や高熱、下痢などを引き起こすインフルエンザ。タミフルなどの特効薬もありますが、予防や感染防止の手段が少ない厄介なウイルスだと言えるでしょう。

 

ラクトフェリンがインフルエンザ予防に有効な理由@

予防接種が確実に効く保証が無いインフルエンザ。人混みを避けたりマスクを着用することはもちろん、免疫力を高めて感染を防止するのが有効な予防策です。

 

ラクトフェリンは腸内環境を整えて免疫力を高める効果が期待できます。日頃からラクトフェリンを摂取して免疫力を高めておけば、インフルエンザの流行が始まっても感染する可能性を下げることが出来るでしょう。

 

ラクトフェリンがインフルエンザ予防に有効な理由A

ラクトフェリンは最近やウイルスが腸内に侵入するのを防ぐ効果もあると言われています。インフルエンザウイルスが腸内に侵入しようとすると、ラクトフェリンは細胞に付着してバリアのような役割を果たします。

 

またインフルエンザウイルスそのものにもラクトフェリンが付着して、細胞に近づかないように守る働きがあるのです。

 

インフルエンザの予防にはR1ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌が効果的だと聞いたことがある人も多いでしょう。確かに乳酸菌は腸内環境を整えて免疫力をアップさせる効果が期待できますが、ウイルスそのものに働きかける効果から、ラクトフェリンの方が更にインフルエンザ予防に効果的だと言えるでしょう。

 

もちろんラクトフェリンと乳酸菌を同時に摂取することでインフルエンザの予防効果を高めることが出来ます。当サイトイチオシのホコニコのラクトフェリンはラクトフェリンと乳酸菌が同時に摂取できるので、インフルエンザを予防したい方にはピッタリですよ。

 

インフルエンザに対するラクトフェリンの口コミ・評判一覧


インフルエンザに対するラクトフェリンの口コミ・評判を書きます。

 

インフルエンザ対策に効果があるラクトフェリンサプリはどれだ?


以上より、インフルエンザの予防にはラクトフェリンが効果的。流行が始まってから飲み始めても手遅れになってしまう恐れがあるので、普段から腸内環境を整えて免疫力をアップさせておきましょう。

 

なおラクトフェリン入りのヨーグルトという選択肢もありますが、インフルエンザが流行する時期には多くの方がラクトフェリンヨーグルトを購入するため、品切れになってしまう恐れもあります。

 

サプリメントのほうが日持ちしますし、とりあえず手元においておけば安心できるのでは無いでしょうか?当サイトオススメのラクトフェリンサプリで、インフルエンザの感染予防に努めて下さい。

 

⇒おすすめのラクトフェリンサプリ比較ランキング