ラクトフェリンの効果・副作用・飲み方徹底ガイド

ラクトフェリンの効果や飲み方、副作用について徹底的に解説します。

 

ラクトフェリンの効果と副作用について【目次】

 

ラクトフェリンの効果とは

ダイエットや美容・便秘解消に!腸内環境を整えることで得られる効果

腸内環境を整える効果が期待できるラクトフェリン。胃腸の調子を整えることで、以下のような効果が期待できます。

 

  • 便秘解消
  • 下痢の改善
  • ダイエット
  • 代謝のアップ
  • 免疫力アップ
  • 肌荒れの改善

 

ラクトフェリンはインフルエンザにも効果あり?

インフルエンザの予防には免疫力アップが効果的。腸内環境を整えて免疫力を上げてくれるラクトフェリンは、インフルエンザの予防に効果が期待できます。さらにラクトフェリンを摂取しているとウイルスの侵入を抑えることが出来るので、インフルエンザにかかりにくくなると言われています。

 

ラクトフェリンを飲んでいるからインフルエンザに絶対かからないという訳ではありませんが、インフルエンザが流行する時期は風邪も流行るもの。風邪からインフルエンザになってしまうケースも防げますし、ラクトフェリンの摂取は非常におすすめです。

 

⇒予防接種よりも効果的?インフルエンザの感染対策ならラクトフェリン

 

ラクトフェリンはノロウイルスにも効果あり?

同様に、ノロウイルスの予防にもラクトフェリンは効果があると言われています。激しい下痢や嘔吐を引き起こすノロウイルス。感染力が非常に強いだけでなく、特効薬がなく、一度感染したら数日間は症状に苦しむというノロウイルス。

 

ラクトフェリンはノロウイルスの侵入を拒むだけでなく、直接ノロウイルスに働きかけて腸に入り込むのを妨害する働きもあると考えられています。ラクトフェリンとノロウイルスについてはこちらの記事で詳しく書いています。

 

⇒ノロウイルスの予防・対策へのラクトフェリンの効果について

 

歯科要らず?歯周病にも効果があるというラクトフェリン

歯周病は歯や歯茎周辺が歯周病菌によって冒される病気。歯垢が溜まって歯周病菌が増殖することが主な原因だと言われていますが、歯が抜けるだけでなく、健康にも恐ろしい影響を与える危険な病気。

 

ラクトフェリンは歯周病の予防にも効果があると言われています。唾液の殺菌力を高める効果があると言われており、歯周病の原因であるカンジダ菌にも有効だと言われているラクトフェリン。口臭の改善にも良いと考えられています。

 

血糖値を下げて糖尿病の予防・改善にも効果が期待

ラクトフェリンは血糖値を下げる効果があると言われているので、糖尿病の予防・改善にも良いと考えられています。もちろん薬のような劇的な効果は見込めませんが、長期的にラクトフェリンを摂取することで糖尿病の予防が期待できますし、食事制限をする必要がある糖尿病患者の方も積極的にラクトフェリンを飲むことをおすすめします。

 

ラクトフェリンの効果的な飲み方


腸内環境を良い状態で保つためには、ラクトフェリンを毎日摂取することをおすすめします。摂取するタイミングはいつでも大丈夫ですが、飲み忘れにくいように時間を決めていても良いかも知れませんね。例えば夕食後に飲むなどと自分で決めておけば、ラクトフェリンの効果で胃腸の調子をキープできるでしょう。

 

インフルエンザがノロウイルスが流行する時期だけに飲むよりも、年中摂取して腸内フローラのバランスを整えておいたほうが良いでしょう。風邪への感染も防げる可能性がありますし、体の調子を整えてる効果も期待できますからね。

 

ラクトフェリンが効果なしだと感じる方は


ラクトフェリンの効果を実感できるまでの時間には個人差があります。なので1日、2日で効果が感じられないからと、効果なしだと断定はせずに飲み続けるようにしましょう。また当サイトでおすすめしているような、ラクトフェリンが主成分ではないサプリの場合、摂取量が不足している可能性もあります。

 

ラクトフェリンの1日の推奨摂取量は300mg。また胃腸に届く前に溶けてしまったら十分な効果が得られません。含有量の多いサプリメントを、しっかり胃腸まで届くコーティングがされている製品を選ぶようにしましょう。

 

なお効果が感じられないからと摂取量を増やすことはおすすめ出来ません。ラクトフェリンのとり過ぎは下痢を引き起こす可能性がありますので、推奨摂取量を守って飲むようにしましょう。

 

ラクトフェリンの副作用

ラクトフェリンは肝臓に負担がかかる?

沈黙の臓器と呼ばれる肝臓はその働きも多様で、栄養素を代謝する働きがあります。つまり栄養を摂れば摂るほど負担も大きくなるので、サプリメントを摂取すれば肝臓への負担も増します。

 

ラクトフェリンは腸内環境を整える働きがあり、肝臓に悪影響を及ぼす可能性のある悪玉菌を減らす効果が期待できます。そのため肝臓に負担をかけるどころか、間接的とは言え肝機能をサポートする効果があると言えるでしょう。

 

ラクトフェリンを飲みすぎると下痢になる?

ラクトフェリンを過剰摂取すると下痢になる可能性があります。これは副作用と言うよりは、自然の摂理なので仕方のない事ですが、推奨摂取量を守っていれば基本的には問題ないでしょう。適切な量を摂取していても下痢になるという場合、摂取量を減らして様子を見ることをおすすめします。当サイトおすすめのラクトフェリンサプリなら、下痢などの副作用が出る可能性は低いですよ。

 

⇒おすすめのラクトフェリンサプリ比較ランキング