ノロウイルスの予防・対策へのラクトフェリンの効果について

毎年猛威をふるうノロウイルス。激しい下痢や嘔吐が続く上に特効薬がなく、感染力も非常に強いノロウイルス。一度かかったら何sも体重が落ちて一気に体力も衰えてしまうという噂のノロウイルスですが、ラクトフェリンを摂取することで予防できるとしたら摂取する価値があると思いませんか?ラクトフェリンとノロウイルスについて詳しく解説します。

 

ラクトフェリンとノロウイルスについて【目次】

 

ノロウイルスの予防にラクトフェリンは有効か?

そもそもノロウイルスとはどんなウイルスか?

毎年11月〜12月にかけて感染者が急増するノロウイルス。2012年頃から広く知られるようになりましたが、感染力が非常に強い、手や食べ物を通じて感染します。さらに、インフルエンザと同じように毎年形が変わるウイルスなので、予防接種の効果もあまり期待できず、治療方法も確立されていません。

 

水分や塩分を調整する機能を壊してしまうノロウイルス。感染した人は数日間に渡り、激しい下痢や嘔吐に苦しむ事になりますが、あかちゃんや子供、高齢者の場合は命に関わる可能性すらある、危険なウイルスなのです。健全な大人でも、1度かかって人は2度とかかりたくないと口をそろえる、非常に厄介な存在だと言えるでしょう。

 

ラクトフェリンがノロウイルス予防に有効な理由@

ノロウイルスを予防するためには免疫力をアップさせるのが有効です。ラクトフェリンを摂取して腸内環境を整える事が出来れば、免疫力がアップするので風邪やノロウイルスにも感染しにくくなります。

 

腸内の善玉菌を増やす効果があるラクトフェリンは、ノロウイルスだけでなくインフルエンザの予防にも効果が期待できます。腸内環境を整えるためには乳酸菌も効果的なので、ホコニコのラクトフェリンのようなラクトフェリンと乳酸菌が一度に摂取できるサプリメントを選ぶと良いでしょう。

 

ラクトフェリンがノロウイルス予防に有効な理由A

腸内にウイルスが侵入した来た時、そのままウイルスが腸内に触れて、細胞の中まで入り込んでしまったらウイルスの感染を止めることは難しいでしょう。ラクトフェリンは腸の表面にピッタリと張り付き、ウイルスが細胞に触れられないようにガードする働きがあると言われています。

 

腸内をコーティングするような働きだと思えばイメージしやすいと思いますが、仮にノロウイルスが腸内まで侵入してきても、細胞内にまでは入り込めないように行く手を阻む働きをしてくれるのです。

 

ラクトフェリンがノロウイルス予防に有効な理由B

ラクトフェリンは胃の中でラクトフェリシンと言う物質に変化します。ペプシンという酵素の働きで分解されるのですが、このラクトフェリシンはノロウイルスに直接働きかけます。ノロウイルスにくっついて細胞内に入り込むのを防ぐ働きがあると言われていますラクトフェリシン、ノロウイルスの感染予防に確かに効果があると言えるでしょう。

 

ノロに対するラクトフェリンの口コミ・評判一覧


ノロウイルスに対するラクトフェリンの口コミ・評判を書きます。

 

ラクトフェリン摂取でどの程度ノロウイルスは予防できるのか?


2013年に森永乳業が行った調査によると、ラクトフェリンの摂取とノロウイルス感染者の比率は以下のようになっています。被験者は461名、平均年齢は59.3歳。100mgのラクトフェリンを摂取する頻度とノロウイルス感染の疑いがある人の割合を一覧にしました。

 

引用元:森永乳業NEWS RELEASE

 

ラクトフェリンの摂取頻度

ノロウイルス感染の疑い

週1回程度 5.3%
週2-3回程度 1.8%
週4-5回程度 1.0%
ほぼ毎日 0.6%

 

ノロ対策に効果があるラクトフェリンサプリはどれだ?


以上の実験より、ノロウイルス対策には100mg以上のラクトフェリン摂取が有効だと言えます。1日のラクトフェリン摂取量が100mg以下だとノロウイルス予防効果は落ちてしまうと思われるので、100mg以上ラクトフェリンが配合されているようなサプリを選びましょう。

 

なおラクトフェリン入りのヨーグルトという選択肢もありますが、ノロウイルスが流行する時期にはヨーグルトの品切れが予想されます。スーパーやコンビニで購入するのは難しいでしょうし、ラクトフェリン入りのサプリも市販のお店では売り切れてしまうかも。当サイトおすすめのラクトフェリンサプリを早めに購入して、ノロウイルス予防に備えましょう。

 

⇒おすすめのラクトフェリンサプリ比較ランキング